明の十三陵

  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵
  • 明の十三陵

もっと見る

観光スポット紹介

  北京の北西郊外?約50km離れた昌平県寿山麓にある明代皇帝の陵墓群で?第3代成祖永楽帝はじめ13人の皇帝と23人の皇后と一人の貴妃の陵墓が集まる陵区。明十三陵と呼ばれる.総面積40平方キロメートル?陵園部と陵道(神路)に二つに分かれている.1409年に永楽帝の長陵建造を開始してから?1644年の明朝滅亡まで?約200年にわたり造り続けられた。それ以降、天寿山南麓が皇帝の陵区となった。13の陵墓のうち、最大規模を誇るのが永楽帝の長陵であり、これを中心にして他の皇帝の陵墓が左右に並んでいる。このうち第14代万暦帝の定陵が1957年に地下宮殿が発掘され、発見された金銀の副葬品は博物館に展示されている。
陵園部と陵道(神道)の2つに分かれている。観光用に公開されているのは、定陵、長陵、 昭陵の3ヵ所と陵道(神道)である。
2003年7月世界文化遺産に登録された。

北京の関連ツアー