中国旅行ブログ

38回目の「国際記念物遺跡の日」

38回目の「国際記念物遺跡の日」

2020年4月18日は、38回目の「国際記念物遺跡の日」である。世界各地は「共有文化、共有遺産、共有責任」をめぐり、遺産の多様性、現代生活との関連性に対する認知を高めている。人類文化は多彩であり、文化の多様性を保持してこそ、人類社会は絶えず進步することができる。歴史においても今日においても、宗教文化は人類社会の多元文化の重要な構成部分である。宗教そのものが多元であり、キリスト教、カ...[詳細へ]

2020年04月27日|中国文化
生放送で商品の推薦と販売

生放送で商品の推薦と販売

中国国家統計局が4月17日に発表した第1四半期の経済データによると、疫病の深刻なショックを受け、第1四半期のGDPは前年同期に比べ6.8%減となったが、タオバオ生放送に代表される新たな消費型は逆成長し、第1四半期の経済の目玉となっている。 疫病発生期間中、人々の外出は制限されていたため、実体市場に大きなショックを与えた。 経済的な被害を減らすため、中国各電子商家の取引きは生放送で商品...[詳細へ]

2020年04月27日|中国文化
宅経済

宅経済

宅経済とは、インターネットの発展によって生まれた新しい言葉で、主に家で働くこと、時に家で消費すること。食事はテイクアウト、ショッピングは宅配、宅経済を促し、宅配さえできれば、多くの人が家にいて、さまざまな生活を楽しむことができる。ネットショッピングは人々に生活の便利さをもたらしただけではなく、新たな働き口を造り出し、宅経済の最も流行したネット用語の一つになった。めったに外出しない人は...[詳細へ]

2020年04月15日|中国文化
4月4日に全国的な追悼活動を行った

4月4日に全国的な追悼活動を行った

4月4日に中国各民族の人々が疫病撲滅のためになくなった人対する深い哀悼の意を表すとして、国務院が公告を出し、哀悼活動を行うことを決定した。全国と在外公館は半旗を掲げ、公共娯楽活動を停止した。午前10時から3分間黙祷をした。自動車、列車、艦船がサイレンを鳴らし、防空警報が鳴った。疫病で失われたすべての生命は、単なる数字や名前ではなく、死亡同胞を悲しみ、死神に屈しなく...[詳細へ]

2020年04月15日|ニュース
武漢が解禁され、ホテルマンションのボランティア連盟の方々にまたお会いしましょう!

武漢が解禁され、ホテルマンションのボランティア連盟の方々にまたお会いしましょう!

武漢の解禁時刻が近づくに伴い、ホテルマンションボランティア連盟の77日間の運営も一段落つきました。 この連盟はTravel Dailyによって設立、運営されています。1月23日から今までの77日間の間に、312社の武漢ホテルと115人のボランティアが連盟の運営に参加し、武漢の100軒余りの病院...[詳細へ]

2020年04月08日|ニュース