大同観光

大同観光

大同市は中国の華北地区、山西省北部、大同盆地中心に位置しています。山西省、河北省とモングルの境目地区の中心都市です。

大同市の古い名称が「雲中」、「平城」です。2018年までは、総面積が約14056㎢で、4ヵ区、6ヵ県からとなっています。総人口が約345.6万人あります。漢民族のほか、回族、満族、朝鮮族、ミャオ族などの少数民族があります。

大同市は温帯大陸型季風性気候に属します。春季の風が多いが、雨量が少ないです。雨の降る時間は夏と秋です。温度差が激しくて、一年の平均温度が6.4℃で、一番低い温度が零下29.2℃度の場合がありますが、7月の平均温度が21.9℃度になります。一年中の雨量が400-500ミリぐらいだそうです。

大同市が中国歴史名城の一つで、九大古都市になっています。例えば、雲岡石窟、華厳寺、善化寺、九龍壁などが挙げられます。

大同バッケージツアー

大同オプショナルツアー

大同観光スポット

懸空寺

懸空寺

 北魏の末期(6世紀)に造られた仏教寺院である懸空寺は、その名のとおり空に懸ったかのように、切り立った高い岩壁の中腹に張り出すように建っている。全部で約80体もの仏像が祀られた10棟ほどの建物が、細い桟道でつながった独特の構造。そのさまは、...

一覧