桂林千古情

  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情
  • 桂林千古情

もっと見る

観光スポット紹介

オペラ「桂林千古情」は独特な監督技法と新たな表方法を採用し、素晴らしい愛情の物語りを演出します。「桂林千古情」は「桂林伝説」、「大地飛歌」、「千古」、「漓江恋歌」、「劉三姐」等のシーンに構成され、最高の桂林絶恋ストーリーを再現しました。国際先進的な声、光、電の効果を組み合わせて運用し、水陸空の3D空間で八桂大地の伝奇を披露します。

 一時間の公演で伝説から現実まで、様々の民族服装が観客の目に焼き付けます。百人以上の俳優陣が壮観な画面を演出しました。

「江は青羅の帯を成し,山は碧玉の簪の 如し」という句は唐の時代の愈が書き残しました。「桂林千古情」の第一のシーンがこれを元に表しています。大昔、一匹の悪竜が桂林の美景に引きつけられました。やがて、その竜が疫病を齎し、多くの人達も命をなくされました。天界の伏波将軍と畳彩仙子がこの件を知った後、合力で悪竜を殺しました。桂林の長久安定を守る為に、彼らが伏波山と畳彩山と化し、永遠に桂林の土地を見守っています。

 桂林はヤオ族、チワン族、トン族 、ミャオ族等の少数民族が集まり住んでいるところです。古くから各少数民族が仲良く付き合って来ました。色々な素敵な踊りや歌謡が広まってきました。每年の「三月三」祭りは広西の少数民族最大の祭りなのです。少数民族の人達が踊りと民謡によって愛情と生活に対する憧れを表します。「桂林千古情」の第二のシーン「大地飛歌」がその美しさを演出しました。

「桂林千古情」の第三のシーンは「千古霊渠」です。この画面は秦の時代に始皇帝が史禄将軍を命令し灵渠を築いたことを表します 。あの時代に霊渠を修築することが容易なことではなく、大勢な人は命を失ってしまってやっと築き上げた河川工事なんです。このシーンはオペラのクライマックスなんです、特に三人将軍のストーリーが感動されます。

「桂林千古情」の第四の シーンは「漓江恋歌」です。奇妙な桂林の土地でさまざまな伝説の人物を育て、劉三姐もその一人なんです。劉三姐が月光の下の雲雀と呼ばれ、歌が山に響きます。花が彼女の為に咲き、雲と霞が彼女の為に足を止めます。

チワン族地域最大の祭りは「三月三」祭りなのです。または「歌仙節」と呼ばれ、劉三姐を記念する祝祭日です。劉三姐が桂林の名刺になり、桂林に旅行する一人一人が彼女の歌を探し求めます。「桂林千古情」の第五の シーン「劉三姐」がこのテーマを表します。