桂林オプショナルツアー

桂林オプショナルツアー

桂林中国南部にある広西チワン族自治区の東北部に位置している。カルスト地形でタワーカルストが林立し、絵のように美しい風景に恵まれ、世界的な観光地であり、国家歴史文化名城である。

総面積は2.78万k㎡で、総人口はおよそ520.21万人。市街地の面積は565k㎡で、東京23区より少し小さいくらいである。人口は約75万人。桂林は多民族で構成される地域で漢民族の外36の民族が住んでいる。主な少数民族はチワン族、イオ族、ミャオ族、トン族など。桂林市は5つの区と12の県で構成されている。

桂林は亜熱帯気候に属する。年間の平均気温は摂氏19度くらい。一番寒い1月の平均気温は摂氏8度で冬でもめったに雪は降らない。一方、一番暑い時期は8月で平均気温は摂氏28度である。年間の平均降雨量は1900mmで、雨が一番多い時期は6月である。   

桂林はカルスト地形に属している。海抜は150mぐらいで、地質学者の研究によると約3億年前には海の底だったそうである。およそ2億年前、地殻の変動によって海の底に沈積した石灰岩が隆起し、陸地になったそうである。その後、風化と浸食の作用によって独特な桂林の風景が形成された。唐代には多くの文人墨客が桂林山水に魅了され滞在した。唐代の詩人韓愈は「江は青羅の帯となし、山は碧玉の簪の如し」という千古絶句を残した。

桂林市は2000年以上の歴史を持つ文化都市である。秦の始皇帝は紀元前214年に中国を統一した後、桂林郡を設けた。また湘江と漓江を繋げる大土木工事を行い、霊渠という用水路を開削した。その結果、桂林は南海と北の中原を繋ぐ重要な町となりました。桂林は宋代から広西チワン族自治区が成立する現代まで、広西省の政治、経済と文化の中心になっている。  

桂林の主な観光スポットは市内で、両江四湖蘆笛岩独秀蜂畳彩山伏波山象鼻山七星公園靖江王陵などがある。 

一方、周辺では漓江下り陽朔西街霊渠龍脊棚田大墟古鎮猫児山などが人気を集めている。

漓江下り+高田郷観光+陽朔印象劉三姐ショー

漓江下り+高田郷観光+陽朔印象劉三姐ショー

見どころ:印象劉三姐, 漓江

ツアーコード: LR-06

代金: 1,330元~

混載で行く漓江下りと西街1日観光

混載で行く漓江下りと西街1日観光

見どころ:漓江, 陽朔西街

ツアーコード: OPGL31

代金: 550元~

混載で行く龍勝金坑棚田日帰り観光

混載で行く龍勝金坑棚田日帰り観光

見どころ:龍脊棚田

ツアーコード: GLOP36

代金: 550元~

漓江下りのスタンダードコース

漓江下りのスタンダードコース

見どころ:漓江

ツアーコード: LR-01

代金: 910元~

4星漓江豪華船のチケット手配

4星漓江豪華船のチケット手配

見どころ:

ツアーコード: GLOP35

代金: 480元~