赤坎鎮

  • 赤坎鎮
  • 赤坎鎮
  • 赤坎鎮
  • 赤坎鎮
  • 赤坎鎮
  • 赤坎鎮

もっと見る

観光スポット紹介

   赤坎鎮は、江門市内の開平市にあり、350年あまりの歴史を有します。順治年間に建設され、赤土高地の名を得、現存の街並みの多くは19世紀末から20世紀初まで華僑が出資して建設されました。


   赤坎鎮の周囲は河川に取り巻かれ、舟が行き来しています。堤西路、中華西路、堤東路、中華西路などに、600あまりの騎楼があり、西洋風の3、4階建て建築街となっています。順治年間より、司徒氏が東部、関氏が西部の有力氏族だったとのことです。中欧合壁のような素朴な雰囲気が漂っている赤坎鎮は、「中国歴史文化名鎮」と言われ、「中国第五の名古鎮」と賞賛されています。

開平の関連ツアー