クチャ観光

クチャ観光

クチャは紀元前から亀茲王国が栄え、漢代には西域都護府が、唐代には安西都護府が置かれていました。7 世紀には玄奘三蔵も訪れており、シルクロード天山南路の重要なオアシスです。古代から音楽が盛んで、今も情熱的なメロディが生活のバックに流れています。

クチャは総面積が1.52万平方キロメートルで、総人口が47.06万人(2009年)あります。クチャは暖温帯大陸性干ばつ気候に属し、乾燥で年温度差と日温度差がとても大きいです。

代表的観光スポットに、キジル千仏洞(拜城克孜尓千佛洞)、スバシ仏寺遺跡(蘇巴什佛寺遺跡)、庫車王府などが挙げられます。

クチャ観光スポット

キジル千仏洞(拜城克孜尓千佛洞)

キジル千仏洞(拜城克孜尓千佛洞)

クチャから北西へ75km。拝城県のムザルト渓谷北岸に大規模な仏教石窟群が造られている。3世紀ごろから唐代にかけて300の石窟が掘られたが、塑像の大部分は破壊され、今は80余りの石窟に壁画が残されているだけ。仏教物語のほか当時の風俗を描いた壁...

一覧