ラサ観光スポット

ラサの観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットでラサの魅力を存分にお届けいたします。

ラサの人気スポット

世界遺産

布達拉宮(ポタラ宮)

布達拉宮(ポタラ宮)

ポタラ宮はチベットを代表する象徴であり、チベット仏教の聖地でもあります。ポタラはチベット語で「観音菩薩が住まう地」という意味で、その化身であるダライ・ラマ法王を指しています。ポタラ宮は7世紀にソンツェン・カムポ王が唐から嫁いだ文成姫...

自然景観

ヤムドゥク湖(羊卓雍湖)

ヤムドゥク湖(羊卓雍湖)

羊卓雍錯、チベット語では「白鳥の湖」という意味、岡巴拉山谷にあり、瑪旁雍錯、納木錯と並びチベット三大聖湖と称されている。標高4,250mに位置し、紺碧の湖水が荒涼とした大地に美しく映える。この湖には水出口がないものの、周りの雪山から流れ込ん...

宗教・信仰・寺

ジョカン寺(大昭寺)

ジョカン寺(大昭寺)

ジョカン寺はラサ市旧市街区の中心にあり、7世紀中頃に創建された最も古いチベット仏教の寺院の一つです。千年以上の歴史を持つジョカン寺はポタラ宮と共にチベット族にとって重要な宗教活動の場であり、チベットだけでなく青海や内モンゴルから...

博物館・美術館

西蔵博物館

西蔵博物館

西蔵博物館はラサ市ロブリンカの東南に位置し、チベット一の現代設備を備えた博物館です。1999年10月、中華人民共和国成立50周年及びチベット民主改革40周年を機に落成しました。館内には序言庁、主展示館、文物庫があり、展示区の1階は観光記念品...

建造物

布達拉宮(ポタラ宮)

布達拉宮(ポタラ宮)

ポタラ宮はチベットを代表する象徴であり、チベット仏教の聖地でもあります。ポタラはチベット語で「観音菩薩が住まう地」という意味で、その化身であるダライ・ラマ法王を指しています。ポタラ宮は7世紀にソンツェン・カムポ王が唐から嫁いだ文成姫...

橋梁、河川・滝・湖沼

ヤムドゥク湖(羊卓雍湖)

ヤムドゥク湖(羊卓雍湖)

羊卓雍錯、チベット語では「白鳥の湖」という意味、岡巴拉山谷にあり、瑪旁雍錯、納木錯と並びチベット三大聖湖と称されている。標高4,250mに位置し、紺碧の湖水が荒涼とした大地に美しく映える。この湖には水出口がないものの、周りの雪山から流れ込ん...

民俗郷土景観

布達拉宮(ポタラ宮)

布達拉宮(ポタラ宮)

ポタラ宮はチベットを代表する象徴であり、チベット仏教の聖地でもあります。ポタラはチベット語で「観音菩薩が住まう地」という意味で、その化身であるダライ・ラマ法王を指しています。ポタラ宮は7世紀にソンツェン・カムポ王が唐から嫁いだ文成姫...