麗江観光

麗江観光

麗江市は雲南省北西部、金沙江(長江上流の名称)の中上流、雲貴高原寄りのチベット高原、雲南省・四川省・チベット自治区の大三角地帯に位置し、東は四川省凉山イ族自治州および攀枝花市に、南は大理白族自治州および楚雄イ族自治州に、西は怒江リス族自治州、北は迪慶(デチェン)チベット族自治州に面し、総面積は2万600平方キロメートルに達します。金沙江は昔「麗水」と呼ばれたため、麗江と名付けられたのです。2002年12月26日、中国国務院は麗江地区の登録抹消を認可し、地級の麗江市を設立した。古城区、玉龍ナシ族自治県、永勝県、華坪県、寧ロウイ族自治県を管轄下に置き、計63の郷鎮(事務所)があります。人口は120万人に達し、11の少数民族が生活し、少数民族が総人口の59.03%を占めています。

独特な地理、悠久な歴史文化、豊富な資源、麗しい自然景観、素朴な民族風情を特長する麗江は、世界文化遺産、世界自然遺産、世界記憶遺産、国家重点風景名勝区、中国歴史文化名城等に指定されており、3件の世界遺産を持つ中国唯一の地級市です。主な見所は世界遺産の麗江古城、玉龍雪山、虎跳峡、長江第一湾、宝山石城、母系社会の濾沽湖などあります。

麗江観光スポット

玉龍雪山

玉龍雪山

玉龍雪山は雲南省麗江市街からの北へ15㎞の地にある金沙江の右岸に聳え立っています。最高峰の扇子陡は標高5596m、北半球で最も南に位置する万年雪の山で、未だ誰も登頂を果たしていない処女峰です。玉龍雪山は南北約35km、東西約13km、...

一覧