西安観光スポット

西安の観光スポットについては、次の紹介をご覧ください。人気の観光スポットやカテゴリー別観光スポットで西安の魅力を存分にお届けいたします。

西安の人気スポット

世界遺産

兵馬俑

兵馬俑

 西安から東に30キロ離れた臨潼県にある。秦の始皇帝陵の副葬坑。7,000以上の等身大の武士と馬の俑(人形)は「世界の八番目の奇跡」と絶賛されている。1974年3月に地元農民が旱魃のため、井戸を掘ったところ、2.3m地点で変わった陶器の破片...

自然景観

華山

華山

中国五岳の西岳「崋山」 西安より210キロ、天下一の険しい山である。崋山主峰の落雁峰(南峰 海抜2160m)、蓮花峰(西峰 海抜2080m)、朝陽峰(東峰 海抜2100m)からなり、北は黄河を俯瞰し、南は秦嶺に連なる。『水経注』には、【遠...

宗教・信仰・寺

興教寺

興教寺

興教寺は唐代樊川八大寺院の一つで、西安から南に約20kmの長安県杜曲鎮小忍陵原畔に位置している。664年に唐代の翻訳者?旅行者として有名な高僧玄奘法師が亡くなった時には白鹿原に埋葬され、669年に樊川風栖原に改葬された。そこに5階建ての霊塔...

記念碑・像

碑林

碑林

唐末から五代のころにかけて建てられた。唐の天佑元年(紀元904年)に節度使韓建が長安城縮小工事の際、重要な碑石が散逸しないようにと「石台孝経」と「開成石経」を尚書省の西に移し、宋代にそれらを他の石碑と共に再び現在の碑林跡に戻した。その後、石...

博物館・美術館

昭陵博物館

昭陵博物館

昭陵は唐の第二代皇帝李世民の陵墓である。当時の都、長安から80キロ離れた九峻山の頂上にある。九峻山とは9つの険しい峰からなることからその名が付いた。その中一つの峰は日本の富士山に少々似ている。東側から見ると筆置きの形にもみえ、地元の人々から...

陵墓・陵園

兵馬俑

兵馬俑

 西安から東に30キロ離れた臨潼県にある。秦の始皇帝陵の副葬坑。7,000以上の等身大の武士と馬の俑(人形)は「世界の八番目の奇跡」と絶賛されている。1974年3月に地元農民が旱魃のため、井戸を掘ったところ、2.3m地点で変わった陶器の破片...

公園・庭園、動植物園、アミューズメントパーク

興慶公園

興慶公園

西安の東にあり、長い歴史を持つ遺跡公園である。唐玄宗の政治の中心地で、玄宗と楊貴妃が長期に亘って暮らした所である。その設計には中国の伝統を継承しながらも、外国庭園の長所を取り入れたものである。園内には唐代の勤政務本楼遺跡、玄宗と楊貴妃が遊ん...

建造物

華清池

華清池

陝西省の10大名景の一つ。 西安から東に30キロ離れた臨潼県の驪山西北の麓にある。驪山は海抜1,256m、景色は美しく、三千年前の西周時代から続く温泉の湯元がある。周、秦、漢、隋、唐などの帝王が避寒の場として、温泉宮殿をここに造った。特に...

民俗郷土景観

書院門文化街

書院門文化街

城壁の永寧門(南門)の東側に、書院門と書かれた大きな門がある。門をくぐるとそこには書画や文房四宝を売る古い店が軒を連ねている。ここから碑林まで約570mの間、通り一帯は伝統的建築様式で建てられた土産物店が集まる古文化街である。主に書画、骨董...