タール寺

  • タール寺
  • タール寺
  • タール寺
  • タール寺
  • タール寺
  • タール寺

もっと見る

観光スポット紹介

  タール寺は西寧市の南西約30キロの湟中県魯沙爾鎮の南西にあるラマ教(チベット仏教)寺院。ラマ教の黄帽派の創始者ツォンカパが誕生したところで、中国北西地域の仏教活動の中心。この寺院は広大な規模を誇り、もっとも栄えていた頃には800を超える建築物が建ち、敷地面積は200ヘクタールもあり、中国の六大ラマ教寺院の一つに数えられる。中国全土や東南アジア一帯でも有名。
  この寺院が建て始められたのは明の嘉靖39年(1560年)で、今から400年以上の歴史がある。タール寺は山の地形にあわせて建てられている。大金瓦寺、小金瓦寺、大経堂、大厨房、九間殿、大拉浪、如意宝塔、太平党、菩提塔、過門塔など多くの宮殿、経堂、仏塔寺からなり、チベットと中国の伝統芸術が融合した古建築群。寺院内の建物どうしはつながっていて、白い塔が立ち並び、そのつくりは独特で創造性に富んでいる。また細部の装飾にも高い芸術性が見られる。また寺院内の「酥油花(牛や羊の乳でつくったバターで作った塑像)」、「壁画」、「堆繍」は「タール寺の三絶」と呼ばれ、独特の民族性を持ち、芸術的価値も高い。