張掖観光

張掖観光

張掖市は河西回廊中部に位置し、東は武威市、金昌市、西は酒泉市及び嘉峪関市、南は祁連山脈、北は合黎及び龍首山と内モンゴル自治区に接しています。市域内には砂漠、ゴビ、草原、原始林など多様な自然景観があります。

歴史が古く、漢代に霍去病が匈奴を破り、以後シルクロード上の要衝となっています。水と土がよく、産物も豊富なため「金の張掖」と称されます。1986年12月に中華人民共和国国務院の公布で、国家歴史文化名城の第二陣38都市のうちの一つとなっています。

張掖は総面積が40874平方キロメートルで、総人口が119.9万人(2010年)で、大陸性気候に属し、年平均気温が6℃で、6~9月が最も観光に相応しい時期だと言われています。

代表的観光スポットに、大佛寺、木塔寺、鎮遠楼、丹霞地貌、?河新区、国家湿地公園などが挙げられます。

張掖観光スポット

七彩丹霞

七彩丹霞

七彩丹霞は面積の広さ、独特な造型、豊富な色彩、絶叫させる勢いで、2005年に「中国最も美しい七大丹霞」の一つとして人気を集めています。赤、黄色、白、青、緑などといったたくさんの色を一身に集め、神秘な大自然、素晴らしい景色を示しています。 ...

一覧