肇慶観光

肇慶観光

肇慶市は広東省の中西部に位置し、総面積は約1.5万平方キロであり、総人口は約500万人です。

肇慶市は歴史が非常に悠久であり、秦の始皇帝の時代(紀元前214年)に四会県を設置してあり、それは広東省内に最古の県の一つです。紀元1118年は「肇慶」と名づけられており、重慶活動が始まるとの意味を表しています。

肇慶市は亜熱帯モンスーン気候に属し、年間の平均温度は21℃です。降水は主に、4-9月に集中しています。

肇慶市は中国の「優秀旅游の城」と認定されており、豊富な旅行資源を保有されてあります。主要な観光スポットは、千年の詩の廊゛と褒めいられる七星岩石刻、゛中国古塔四絶゛の一つである徳慶三元塔、゛嶺南第一奇観゛と称される星湖風景区、美しい鼎湖山などです。また、肇慶市中国゛書房四宝゛の一つの端硯の産地であることで、中国の文化界に名が高いです。

肇慶観光スポット

​閲江楼

​閲江楼

閲江楼は肇慶市端州区正東路側の石頭崗にあります。明代の宣徳年間初めて建てられました。歴代修繕があり、名前もしばしば変わりました。最初は“崧台書院”で、引き続きは“東隅社学”と言われました。明代の崇禎十四年(1641)に“閲江楼”と名...

一覧