​肇慶古城壁

  • ​肇慶古城壁
  • ​肇慶古城壁
  • ​肇慶古城壁
  • ​肇慶古城壁
  • ​肇慶古城壁
  • ​肇慶古城壁

もっと見る

観光スポット紹介

   肇慶古城壁は肇慶市区旧城区にあります。周の長さはおよそ2800メートルで、高さはおよそ6.5‐10メートルで、幅は8.5~18メートルです。宋代の漢民族の建築様式を体現したシンボル的な建物です。史料によると、こちらは土城の始まりだということです。宋の政和三年(1113年)に土城を拡大し、煉瓦城を築造しました。肇慶古城壁は宋の時代から建てられ、“肇慶宋城壁”とも呼ばれています。

   この城壁は歴史的にも紆余曲折を経て20回以上修理されましたが、城壁と城門の位置は変わっていません。宋の時代から建てられた城壁は今まで完全に保存され、全国で珍しく、肇慶一番のシンボル的な建物で、“肇慶の小万里長城”と呼ばれています。

   宋の時代に城壁は東門の宋崇、西門の鎮南、南門は端渓、北門は朝天と四つの門を開けました。城門の上にはそれぞれ城門楼があり、四門の外には甕城があり、城壁の四隅に角楼があり、城外には堀があります。明と清代にはおよそ20回修理されました。

   1987年~1996年の間、肇慶市政府はランドマーク的な建物を守り、観光事業を発展させ、かつて何度も特別資金を出し北の城壁を修理したことがあります。“朝天門”を恢復させ、そして“披雲楼”を再建しました。肇慶の古い城壁を再現させ、肇慶の国家歴史文化名城は再度輝くことができました。

   肇慶古城壁は広東省重点文物保護単位、及び全国重点文物保護単位となっています。